ピナクルスポーツ

【ブックメーカー投資】アービトラージ大歓迎!!

>>ピナクルスポーツの口座開設はこちらから<<

新年の抱負トップ5:ベッティング編 勝てるベッターの2017年度やることリスト

新しい一年が徐々に近づいてきました。年末年始の長期休暇を迎えようとする中、あなたのベッティングの健康診断を行うにはもってこいの時期でもあります。ベッティングで安定した勝利を収めたいですか?ここで紹介する5つの抱負をしっかり守って、「勝ち組」ベッターの仲間入りを果たしましょう。

 

第1の抱負:ブックメーカーの収益構造を理解しよう

 

あらゆるベッターがブックメーカーに勝つための方法を模索していますが、ブックメーカーの運営の仕組みを知っているベッターはどのくらいいるでしょうか?「型にはまらない思考」を実現するにはまず、その「型」を知っておく必要があります。これはスポーツベッティングで儲けようとする場合でも同じこと。

 

ブックメーカーはどんな方法で利益を出しているのでしょうか?オッズをどのように、どういった理由で操作しているのでしょうか?そしてベッターがそこに付け込むにはどうすればよいのでしょうか?答えを知りたい方は「トレーディングルームのウラ事情」の記事を読んで、平均的なベッターの一歩先を行きましょう。本格的なベッターを目指すのであれば、絶対に読んでおきたい内容です。

 

第2の抱負:1つの戦略にこだわろう

 

かつてBenjamin Franklinは言いました。「計画なくして成功はない」と。このアメリカ建国の父が頭に思い描いていたのはもちろん、ベッティングではないでしょうが、ベッティング戦略を持つことの重要性をこれ以上、うまく言い表している言葉はありません。スポーツベッティング市場でお金を儲けたいのであれば、肝に銘じておくべき名言です。

 

様々な戦略が世の中に溢れかえる中、重要なのは自分に合った戦略を選び、根気よく使っていくこと。ここでは本格的なベッターの間で評価が高い、2つのシンプルなベッティング戦略を紹介します。

 

アウトライト市場へのヘッジング

 

金融の世界からカジノゲームまで、ヘッジング(分散ベット)はリスクを減らし、勝利を確保する手段としてプロフェッショナルなベッターが広く用いている、重要な戦略です。具体的には、元のベットで買っても負けても利益が得られるよう、異なる結果にベットすること。ヘッジングの実践について詳しく知りたい方は、「スポーツベットにおけるアウトライト市場のヘッジガイド」の記事が参考になります。テニスへベットするなら、避けては通れない記事でしょう。

 

オーバー/アンダーベッティングの基本3ステップ

 

サッカーベッターの多くは、たとえ最良のベッティング判断を下しても、ノースコアや終盤の同点ゴールによって負けベットにひっくり返ってしまう1X2市場より、利益を勝ち取りやすい市場を求めています。「オーバー/アンダー市場でブックメーカーを負かすには?」の記事を参考に、基本となる攻略法を学びましょう。サッカーベッターであれば必読です。

 

第3の抱負:最適なベット額を計算しよう

 

ブックメーカーの仕組みを知り、使うべきベッティング戦略が決まったなら、次はどのくらいの額を賭ければ利益を確保できるのか理解しておきましょう。ピナクルではベッターが自分に合ったベッティングスタイルを選び、資金増強に役立てられるよう、人気のある5つの賭け方について検証を行いました。今すぐ「賭け方の考察:ベッティングの改善を図る」の記事を読んでベッティング戦略を見直し、お気に入りのベッティングスタイルを選びましょう。

 

第4の抱負:勝つための思考を養おう

 

ある研究によれば、人間の脳は「お金を儲ける」という体験を、化学物質によって引き起こされるのと同じような高揚感をもって処理し、逆に金銭的損失は生命にかかわる危険として取り扱うそうです。

 

金融の世界からカジノゲームまで、ヘッジング(分散ベット)はリスクを減らし、勝利を確保する手段としてプロフェッショナルなベッターが広く用いている、重要な戦略です。

 

1972年、TrevyとKahnemanはノーベル賞級の大発見を世界に伝えました。それは、人間が合理的判断から逸脱するパターンを体系化した、「認知バイアス」という概念です。

 

この2人の心理学者は、人間によるそうした「勘違い」の事例を数多く、記録に残しています。例えば人間は高所に立つと「落ちたくない」という警戒心が働き、そこが実際以上に高い場所であるように錯覚します。こうした認知バイアスは生きていく上では役立ちますが、ベッティングに欠かせない客観的判断にとっては足かせにしかなりません。

 

勝つための思考を養うためにも、今すぐ「認知バイアスにもう惑わされない」の記事を読みましょう。目からウロコが落ちること請け合いです。

 

第5の抱負:プロらしく振る舞おう

 

最後に大切なのは、スポーツベッティングのプロになりたいなら、プロらしく行動すべきだということ。ピナクルでは、すでに何かを成し遂げている人々の思考に触れることは重要だと考え、プロのベッターやトレーダーにインタビューを行い、彼らに成功の秘密を明かしてもらいました。

 

例えば「Dan Wetsonが贈るスポーツベッターへの3大アドバイス」の記事では、就職できずにフルタイムのギャンブラーに転身した意欲的な会計士のエピソードを紹介。

 

「Joe Petaへのインタビュー」の記事では、救急車にひかれ、リーマン・ブラザーズを解雇されるという経験が、一人のウォール街のトレーダーを野球ベッティングのエキスパートへと駆り立てた経緯を知ることができます。

 

さあ、ベッティングで利益を上げる準備はできましたか?だったら、来年まで待つ必要はありません。今すぐ始めて、実現しましょう!

 

 

関連ページ

Premier League 2016/17年シーズン最終順位予想
ピナクルスポーツの日本語登録ガイド最新マニュアルです。当サイトではピナクルスポーツのサッカーやテニス、野球のオッズ、出金方法をわかりやすく解説しています。
サッカーにおけるホームフィールドアドバンテージの計算方法
ピナクルスポーツの日本語登録ガイド最新マニュアルです。当サイトではピナクルスポーツのサッカーやテニス、野球のオッズ、出金方法をわかりやすく解説しています。