【ブックメーカー投資】アービトラージ大歓迎!!

>>ピナクルスポーツの口座開設はこちらから<<


ドイツ・ブンデスリーガ第19節「マインツvsシュツットガルト」

 

 

ブンデスリーガ第19節「マインツvsシュツットガルト」が1月20日にオペル・アレーナにて行われます。

 

武藤嘉紀選手所属の15位マインツが日本代表FW浅野拓磨が所属する13位シュツットガルトと対戦する日本人ダービーとなっています。

 

しかし両日本人選手が揃ってスタメン出場することは難しいのが悔やまれます。

 

武藤選手はコンスタントに試合に出ていますし、前節でも得点を決めているのでスタメン出場が濃厚です。

 

一方の浅野選手は前節を恥骨炎の怪我で欠場していますので、今回もスタメン出場はおろかベンチメンバーに入るのも難しい状況となっています。

 

せめて武藤選手の2試合連続ゴールに期待ですね。

 

ではブックメーカーの勝敗オッズを見ていきましょう。

 

ブックメーカー10bet

マインツ勝利 2.55倍、引き分け 3.20倍、シュツットガルト勝利 2.85倍、

 

ブックメーカーピナクルスポーツ

マインツ勝利 2.639倍、引き分け 3.310倍、シュツットガルト勝利 2.910倍、

 

ブックメーカーbwin

マインツ勝利 2.50倍、引き分け 3.30倍、シュツットガルト勝利 2.90倍、

 

僅差ですけどホームのマインツが優勢となっています。

 

今季の対戦成績で言えば1勝1敗の五分ですけど、直近の対戦試合であったドイツカップ3回戦の試合ではホームのマインツが3−1で勝利しています。

 

今回もマインツのホーム試合なので、ドイツカップでの結果がそのまま今回のオッズに反映されていると言っていいでしょう。

 

ただ前回対戦時にはいなかったドイツ代表FWのマリオ・ゴメスがシュツットガルトには加入してきています。

 

前節の試合で早速スタメン出場を果たしたマリオ・ゴメスは、得点こそ奪えませんでしたけど随所に存在感をみせる活躍でチームの勝利に貢献しています。

 

得点力不足で悩んでいたシュツットガルトはマリオ・ゴメス加入で悩みを解決できるかもしれません。

 

よって今回の試合は前回対戦時とは一味違うシュツットガルトになっているのは確実なので上手くいけば逆転まであるかもしれません。

 

一方のマインツはリーグ戦6試合勝利無しと元気がありません。

 

前節アウェイのハノーファー戦では2度リードしながら2−3の逆転負けを喫し、精神的ショックの大きい敗戦だけに選手たちのモチベーションが気になります。

 

両チームともに残留争い一歩手前の順位だけに、負けられない試合となるので白熱した試合展開が見られる事は間違いないですし出来れば武藤選手のゴールが観たいですね。