【ブックメーカー投資】アービトラージ大歓迎!!

>>ピナクルスポーツの口座開設はこちらから<<


ブンデスリーガ第23節「ハンブルガーSVvsレヴァークーゼン」

 

 

ブンデスリーガ第23節「ハンブルガーSVvsレヴァークーゼン」の試合が、2月17日にフォルクスパルク・シュタディオンにて行われます。

 

日本代表DF酒井高徳が所属するリーグ17位のハンブルガーSVが5位レヴァークーゼンをホームに迎えての一戦。

 

前回対戦した時は9月25日のリーグ第6節レヴァークーゼンのホーム試合で、結果は3−0でレヴァークーゼンが勝利しています。

 

今回はホーム&アウェイを入れ替えハンブルガーSVのホーム試合となりますけど、直近の成績を見る限りでは前回同様にハンブルガーSVは劣勢を強いられることが予想されます。

 

ハンブルガーSVは最下位ケルンに追い上げられていますから、今回はホーム戦ですし是が非でも勝ち点3を奪いたいところですけど結果は如何に?

 

では勝敗予想の前に、まずはブックメーカー各社のオッズを見ていきましょう。

 

ブックメーカーbwin

ハンブルガーSV勝利 3.90倍、引き分け 3.50倍、レヴァークーゼン勝利 1.95倍、

 

ブックメーカーピナクルスポーツ

ハンブルガーSV勝利 4.120倍、引き分け 3.610倍、レヴァークーゼン勝利 1.980倍、

 

ブックメーカー21bet

ハンブルガーSV勝利 3.86倍、引き分け 3.40倍、レヴァークーゼン勝利 1.98倍、

 

現在のオッズを見るとやはりアウェイのレヴァークーゼンが優勢となっています。

 

理由としては、両チームの現在のリーグ順位、前回対戦時の結果、直近の成績を踏まえてのオッズになりますから妥当と言えます。

 

ホームのハンブルガーSVは、現在リーグ戦9試合で勝ち星がなく5敗4引き分けと低迷しています。

 

対するレヴァークーゼンは前節ホームで11位ヘルタ・ベルリンに敗れはしたものの、リーグ戦の直近5試合は2勝2敗1引き分けとまずまずの成績を収めています。

 

レヴァークーゼンが特別良い成績を収めているわけではありませんけど、ハンブルガーSVの9戦勝ち星無しよりかはいくらかマシと言えるでしょう。

 

今のハンブルガーSVにレヴァークーゼンが負けるイメージは持てないですし、どんなに良いサッカーをしても引き分けが精一杯だと感じます。

 

よって今回は引き分け、もしくはレヴァークーゼン勝利を予想致します。