【ブックメーカー投資】アービトラージ大歓迎!!

>>ピナクルスポーツの口座開設はこちらから<<


ブンデスリーガ第24節「ブレーメンvsハンブルガーSV」

 

ブンデスリーガ第24節「ブレーメンvsハンブルガーSV」の一戦が2月25日にヴェーゼル・シュタディオンにて行われます。

 

リーグ16位ブレーメンが日本代表DF酒井高徳が所属する17位ハンブルガーSVをホームに迎え撃ちます。

 

2部降格圏を争うライバル同士の一戦、ブレーメンとすればハンブルガーSVとの勝ち点差は6ポイントありますけど、直接対決を機に一気に差を広げたいところです。

 

ハンブルガーSVとすれば今回アウェイの立場ですから、最低でも引き分け勝ち点1を奪いブレーメンとの勝ち点差を少しでも縮めたいところ。

 

ハンブルガーSVは1963年のブンデスリーガ誕生から一度も2部降格を経験していない唯一のチームですから、来季も残留して記録を継続していただきたいと願います。

 

ではブックメーカーのオッズを見ていきましょう。

 

ブックメーカーウィリアムヒル

ブレーメン勝利 2.00倍、引き分け 3.40倍、ハンブルガーSV勝利 3.80倍、

 

ブックメーカー10bet

ブレーメン勝利 1.95倍、引き分け 3.35倍、ハンブルガーSV勝利 4.15倍、

 

ブックメーカーピナクルスポーツ

ブレーメン勝利 1.961倍、引き分け 3.480倍、ハンブルガーSV勝利 4.390倍、

 

現在のオッズを見るとホームのブレーメンが優勢となっています。

 

前回対戦した時のは、9月31日にハンブルガーSVのホームで行われたリーグ第7節の試合で結果はスコアレスドローに終わっています。

 

両チームの順位、ホームアドバンテージを加味すればやはりブレーメン優勢のオッズは妥当だと考えます。

 

しかもハンブルガーSVは、現在リーグ戦10戦勝ち星なしの6敗4引き分けとチーム状態は最悪です。

 

2連敗中でもありますし、昨年に引き続き残留争いを戦っているので選手たちの疲労、チームの雰囲気も悪いと思います。

 

一方のブレーメンは前節アウェイで12位フライブルクに敗れはしたものの、直近の3試合を2勝1敗とまずまずの成績を収めていますし、リーグ6位の強豪シャルケをアウェイで破る金星も挙げていますからチーム状態としては悪くないと思います。

 

両チームの順位こそ16位と17位で変わりありませんけど、チームい状態に雲泥の差があるので、今回の勝敗予想はブレーメン勝利で行きたいと思います。