【ブックメーカー投資】アービトラージ大歓迎!!

>>ピナクルスポーツの口座開設はこちらから<<


リーガ・エスパニョーラ第27節「レアル・マドリードvsヘタフェ」

 

 

リーガ・エスパニョーラ第27節「レアル・マドリードvsヘタフェ」の一戦が3月4日にベルナベウにて開催となります。

 

リーグ3位の強豪レアル・マドリードがホームに柴崎岳が所属する10位ヘタフェを迎え入れての一戦。

 

前回対戦したのが10月14日にヘタフェのホームで行われた第8節の試合で結果は2−1でレアル・マドリードが勝利を収めています。

 

今回はレアルのホーム試合となりますので、更にレアル・マドリードが有利と言えそうです。

 

あと柴崎選手と言えば2016年のFIFAクラブW杯の決勝で、当時日本の鹿島アントラーズに所属していた柴崎選手がレアル相手に2得点したことが思い出されます。

 

柴崎選手にとってはあの一戦以来となる公式戦でレアルとの対戦となるので、この試合でもレアルキラーぶりを発揮してもらいたいと思います。

 

では勝敗予想に移る前に、まずはブックメーカーにてオッズを見ていきましょう。

 

ブックメーカーウィリアムヒル

レアル・マドリード勝利 1.20倍、引き分け 7.00倍、ヘタフェ勝利 12.00倍、

 

ブックメーカー10bet

レアル・マドリード勝利 1.22倍、引き分け 6.55倍、ヘタフェ勝利 12.00倍、

 

ブックメーカーピナクルスポーツ

レアル・マドリード勝利 1.234倍、引き分け 7.250倍、ヘタフェ勝利 12.950倍、

 

現在のオッズではホームのレアルマドリードが圧倒的人気となっています。

 

リーグ順位、ホームアドバンテージ、前回対戦結果を考慮すれば当然の結果と言えます。

 

ただレアルは前節の13位エスパニョールとのアウェイ戦で0−1と敗戦を喫していますし、ヘタフェからすればチャンスはゼロではないとも思えます。

 

レアルからすれば格下からの敗戦ショックはありますけど、3日後にはチャンピオンズリーグのbest16セカンドレグのパリ・サンジェルマンとの大一番が控えていますので、何としてもリーグ戦2連敗は避けたいところです。

 

一方のヘタフェは前節ホームで19位デポルティーボを相手に3−0で完勝していますからチーム状態としては良好といえます。

 

直近の8試合で3勝1敗4引き分けと黒星は1回だけですし、4戦前には首位バルセロナを相手にアウェイながら引き分けに持ち込んでいるので、今回レアルに勝のは難しいですけど引き分けなら十分あり得ると断言します。

 

よって今回の勝敗予想は引き分けと予想いたします。

 

レアルは3日後のチャンピオンズリーグを考えてメンバーを落してくることが予想されるので、格下のヘタフェでも十分互角に渡り合えると確信しています。