【ブックメーカー投資】アービトラージ大歓迎!!

>>ピナクルスポーツの口座開設はこちらから<<


リーグアン第30節「マルセイユvsリヨン」

 

 

リーグアン第30節「マルセイユvsリヨン」の一戦が3月19日にマルセイユのホームスタジアムであるスタッド・ヴェロドロームにて開催となります。

 

リーグ3位のマルセイユと4位のリヨン、来季のチャンピオンズリーグ出場権獲得の3位以内を巡る激しい試合が予想されます。

 

前回対戦したのが12月18日にリヨンのホームで行われた第18節のリーグ戦で、結果はリヨンが2−0で勝利を収めています。

 

今回はマルセイユにとってはホーム戦、前回のリベンジの機会を得るチャンスとなりましたので今度は負けるわけにはいきません。

 

リーグ戦の合間に行われたヨーロッパリーグの決勝トーナメント2回戦では、マルセイユがスペインのアスレティック・ビルバオを降して準々決勝に駒を進めたのに対して、リヨンはロシアのCSKAモスクワに敗れて2回戦で敗退となってしまいました。

 

両チームのモチベーションの違いは明らかにマルセイユの方が上ですし、ホームアドバンテージも見込めるのでこの試合はマルセイユが断然有利と言えそうです。

 

では勝敗予想に移る前に、まずはブックメーカーにてオッズから見ていきましょう。

 

ブックメーカー10bet

マルセイユ勝利 1.90倍、引き分け 3.55倍、リヨン勝利 4.00倍、

 

ブックメーカーw88

マルセイユ勝利 1.90倍、引き分け 3.55倍、リヨン勝利 4.00倍、

 

ブックメーカーピナクルスポーツ

マルセイユ勝利 1.943倍、引き分け 3.670倍、リヨン勝利 4.189倍、

 

現在のオッズを見るとやはりホームのマルセイユが1倍台のオッズを付けて優勢となっています。

 

直近の成績を見てもマルセイユはヨーロッパリーグ、第29節のリーグ戦を含み3連勝中とチーム状態は良好ですし、リーグ順位も来季チャンピオンズリーグ出場を狙える3位、ヨーロッパリーグも優勝を目指すと公言していますからチームとしても充実したシーズンが送れていると感じます。

 

一方のリヨンもリーグ戦は4戦負けなしの1勝3引き分けとまずまずの戦績を残していますので、チーム状態としても一定以上の高水準にはあると思います。

 

ただやはりヨーロッパリーグ敗退の影響は少なからずこの試合にも出てくると思いますし、負け方が後々尾を引く負け方だったのが気になります。

 

ヨーロッパリーグ決勝トーナメント2回戦ファーストレグをCSKAモスクワの敵地で戦ったリヨンは見事アウェイで1−0と勝利を収めて圧倒的有利な条件でセカンドレグを迎えました。

 

セカンドレグはリヨンのホーム戦、アウェイゴール1点をもぎ取り先勝している身でありながら、まさかの2−3で敗れCSKAモスクワに敗れる事となっています。

 

選手たちのショックは相当大きいと感じますし、敗戦から直ぐに気持ちを切り替えるのは難しいと思います。

 

よって今回の勝敗予想はマルセイユ勝利で間違いないと断言いたします。