【ブックメーカー投資】アービトラージ大歓迎!!

>>ピナクルスポーツの口座開設はこちらから<<


エールディビジ第30節「ヘーレンフェーンvsフローニンゲン」

 

 

エールディビジ第30節「ヘーレンフェーンvsフローニンゲン」の一戦が4月8日にヘーレンフェーンのホームスタジアム「アーベ・レンストラ・スタディオン」にて行われます。

 

なおこの試合はヘーレンフェーン所属の小林祐希とフローニンゲン所属の堂安律による日本人ダービーとなっております。

 

両選手は今回のロシアW杯への出場は厳しい状況ですが、日本代表を背負う逸材であることに変わりありませんから、オランダの地でアピールを続けてもらいたいと思います。

 

ではこの試合の勝敗オッズをブックメーカー3社から見ていきましょう。

 

ブックメーカー1xbet

ヘーレンフェーン勝利 1.75倍、引き分け 4.20倍、フローニンゲン勝利 4.66倍、

 

ブックメーカーピナクルスポーツ

ヘーレンフェーン勝利 1.729倍、引き分け 4.189倍、フローニンゲン勝利 4.680倍、

 

ブックメーカー21bet

ヘーレンフェーン勝利 1.71倍、引き分け 3.86倍、フローニンゲン勝利 4.24倍、

 

現在のオッズを見るとホームのヘーレンフェーンが優勢となっています。

 

両チームの順位を見比べるとヘーレンフェーンが8位、フローニンゲンが14位とヘーレンフェーンが格上であること、更にホームゲームであることからも妥当なオッズだと言えます。

 

ただ前回リーグ開幕初戦フローニンゲンのホームで戦った時は3−3と引き分けに終わっていますから、今回ホームアドバンテージの恩恵があるとは言えヘーレンフェーンが絶対優位とまではいきません。

 

直近の成績を見比べてもヘーレンフェーンは直近3試合において1勝1敗1引き分けとまずまずの成績を収めているのに対してフローニンゲンは1勝2敗と負け越しています。

 

しかしフローニンゲンが2敗した相手は、3位のAZと2位のアヤックスで共にオランダを代表する強豪チームでしたし、しかも1点差で惜しくも敗れていますから格上相手に大健闘と言ったところです。

 

リーグ上位チームと互角の試合を見せたフローニンゲンであればリーグ中位のヘーレンフェーンが相手なら今回フローニンゲンが勝っても不思議ないと言えます。

 

フローニンゲンには最近の活躍が目覚ましく、ビッグクラブへの移籍も取り沙汰される堂安選手もいる事ですし、堂安選手にあやかり今回は人気がありませんけどフローニンゲン勝利を予想と致します。