【ブックメーカー投資】アービトラージ大歓迎!!

>>ピナクルスポーツの口座開設はこちらから<<


ブンデスリーガ第31節「アウグスブルクvsマインツ」

 

 

ブンデスリーガ第31節「アウグスブルクvsマインツ」が4月22日にアウグスブルク本拠地WWKアレーナにて開催となります。

 

リーグ11位のアウグスブルクと15位マインツとの一戦。

 

残り試合数と勝ち点差を考えればアウグスブルクにとって2部降格は無縁の話ですが、マインツは降格圏との勝ち点差は5とまだまだ油断できない状況です。

 

今回アウェイの立場となるマインツは勝てないまでも最低限の引き分け勝ち点1は欲しいところでしょう。

 

また筋肉系の怪我で3試合欠場が続いていたマインツの武藤選手がこの試合での復帰予定となっています。

 

武藤選手の代表復帰へ猛アピールする活躍に期待しましょう。

 

ではこの試合の勝敗オッズをブックメーカー3社から見ていきましょう。

 

ブックメーカーnetbet

アウグスブルク勝利 2.25倍、引き分け 3.25倍、マインツ勝利 3.30倍、

 

ブックメーカーw88

アウグスブルク勝利 2.25倍、引き分け 3.25倍、マインツ勝利 3.30倍、

 

ブックメーカーピナクルスポーツ

アウグスブルク勝利 2.320倍、引き分け 3.310倍、マインツ勝利 3.420倍、

 

現在のオッズを見るとホームのアウグスブルクが優勢となっています。

 

このオッズは両チームの順位、ホームアドバンテージを考慮すれば妥当なオッズと言えるでしょう。

 

次に直近の成績を比べるとアウグスブルクの直近3試合の成績は1敗2引き分けと良くもありませんが特別悪くもない成績です。

 

ただ1敗した相手は首位のバイエルンミュンヘンで、引き分けた2試合のうち1試合は4位レヴァークーゼンとのアウェイ試合であったことを考えれば、アウグスブルクはよくやってる方だと言えます。

 

対してマインツは1勝2引き分けと順位の割には好調と言える成績を残しています。

 

しかし3戦の対戦相手が8位メンヘングラードバッハ、18位ケルン、16位フライブルクとリーグ中位から下位チームだったこと考えれば、この成績の価値は薄いかもしれません。

 

そして両チームが前回マインツのホームで対戦した時の結果は、アウェイのアウグスブルクが3−1で勝利を挙げています。

 

前回アウェイで勝っているアウグスブルクは、今回ホーム戦に代わることで前回以上に有利な立場で戦えることでしょう。

 

よって今回はマインツよりもポジティブな要素が多いアウグスブルク勝利を勝敗予想と致します。