【ブックメーカー投資】アービトラージ大歓迎!!

>>ピナクルスポーツの口座開設はこちらから<<


UEFAチャンピオンズリーグ決勝「レアル・マドリードvsリヴァプール」

 

UEFAチャンピオンズリーグ決勝「レアル・マドリードvsリヴァプール」が5月27日にウクライナのキエフにあるオリンピスキー・スタジアムにて行われます。

 

昨季2連覇を達成したレアル・マドリードが前人未到の3連覇の偉業に挑みます。

 

対戦相手は13年ぶりの優勝を目指すイングランドの名門リヴァプール、名将クロップ監督の代名詞でもあるゲーゲンプレスを駆使し絶対王者に挑みます。

 

決勝戦はホーム&アウェイ方式ではなく中立地での一発勝負、下馬評ではレアル・マドリード有利とされていますが、何が起こるか分からないのが一発勝負の怖さです。

 

今季リヴァプールの躍進を見てもレアル・マドリードに付け入る隙は十分あると見ています。

 

ではこの一戦の勝敗オッズをブックメーカーから見ていきましょう。

 

ブックメーカーウィリアムヒル

レアル・マドリード勝利 2.20倍、引き分け 3.80倍、リヴァプール勝利 3.30倍、

 

ブックメーカーnetbet

レアル・マドリード勝利 2.30倍、引き分け 3.80倍、リヴァプール勝利 2.95倍、

 

ブックメーカーピナクルスポーツ

レアル・マドリード勝利 2.170倍、引き分け 3.880倍、リヴァプール勝利 3.310倍、

 

現在のオッズを見ると、僅かにレアル・マドリードがリヴァプールを抑えている状態です。

 

チャンピオンズリーグ2連覇したレアル・マドリードの中心選手は、今季も変わらずピッチに立っていますから、大舞台での経験と言う意味ではレアル・マドリードに軍配が挙がると思います。

 

ただ今季のレアル・マドリードはスペイン国内リーグにおいてはタイトルを獲得できずリーグ3位の成績に終わっていますし、昨季チャンピオンズリーグ、国内リーグ、クラブワールドカップの3冠を制した時よりもチーム力は低下しているように思います。

 

それに対しリヴァプールは、イングランド国内リーグを4位でフィニッシュし、タイトル奪取こそなりませんでしたが、クロップ政権2年目で着実にゲーゲンプレスが浸透している印象があります。

 

チャンピオンズリーグベスト8ではプレミアリーグを断トツの強さで制したマンチェスター・シティーに快勝していますので、今季の勢いと言う点ではリヴァプールに分があると見ています。

 

既存勢力で絶対的チームに新興勢力で一番勢いのあるチームが挑む戦い、勝敗予想は難しいですが、今のリヴァプールの勢いならばレアルを破る事も可能と見ています。

 

そして両チームの絶対的エース、レアル・マドリードのクリスティアーノ・ロナウドとリヴァプールのモハメド・サラーに注目です。

 

クリスティアーノ・ロナウドは大舞台での勝負強さが際立っている選手で、ここぞと言う時に必ず点を取ってくれます。

 

一方のモハメド・サラーは今季のプレミアリーグで32点を挙げリーグ新記録を樹立した快速ドリブルを持ち味とする選手です。

 

どちらのチームのエースがチームを勝利に導くのか?両選手の活躍にも注目したいと思います。