【ブックメーカー投資】アービトラージ大歓迎!!

>>ピナクルスポーツの口座開設はこちらから<<


UEFAチャンピオンズリーグ「クラブ・ブルージュvsドルトムント」

 

UEFAチャンピオンズリーグのグループステージ、グループAの1stレグ「クラブ・ブルージュvsドルトムント」が9月19日にクラブ・ブルージュのホームスタジアムであるヤン・ブレイデルスタディオンにて行われます。

 

香川真司が所属するドルトムントがUEFAチャンピオンズリーグの初戦を迎えますけど、肝心の香川選手は今シーズンの公式戦4試合全てにベンチ外とかつてないほどの苦しいシーズンを送っています。

 

ただドルトムントのUEFAチャンピオンズリーグ登録メンバーに香川選手はしっかり入っていますので、ドルトムントが選手のターンオーバー性をチャンピオンズリーグで用いて来るなら今回の試合に出場する可能性はあるかもしれません。

 

日本人にとっては香川選手の動向にも注目が集まる一戦と言えます。

 

ではクラブ・ブルージュvsドルトムントの勝敗オッズをブックメーカーから見ていきましょう。

 

ブックメーカーnetbet

クラブ・ブルージュ勝利 4.55倍、引き分け 3.90倍、ドルトムント勝利 1.76倍、

 

ブックメーカーw88

クラブ・ブルージュ勝利 4.55倍、引き分け 3.90倍、ドルトムント勝利 1.76倍、

 

ブックメーカーピナクルスポーツ

クラブ・ブルージュ勝利 4.580倍、引き分け 3.970倍、ドルトムント勝利 1.793倍、

 

現在のオッズを見るとアウェイのドルトムントが1倍台のオッズを付けて断然人気となっています。

 

ドルトムントは欧州4大リーグの1つであるドイツブンデスリーガを代表するビッグクラブですし、ベルギーリーグのクラブ・ブルージュと比べるまでもなくドルトムントが格上となりますから、オッズはある意味正しいと言えます。

 

ただドルトムントは過去の欧州カップ戦に置いてクラブ・ブルージュと2度対戦経験がありますけど、2回ともドルトムントが敗れています。

 

しかもドルトムントのチャンピオンズリーグに置ける直近のアウェイ戦では、6試合で4敗2引き分けと勝ち星が1つもないデータが残っている点も気になります。

 

クラブ・ブルージュはドルトムントが所属するブンデスリーガよりも格下のベルギーリーグ所属ではありますけど、過去5年で3度も優勝しているベルギー王者ですし、今シーズンも首位を快走しているチームになりますからその実力は侮れません。

 

ましては今回はクラブ・ブルージュのホーム戦ですからオッズ程ドルトムントが優位な試合にはならないと断言できます。

 

よってあまりにもドルトムント勝利が人気するようであれば、引き分け、クラブ・ブルージュ勝利の方にbetする方が面白いと思います。