【ブックメーカー投資】アービトラージ大歓迎!!

>>ピナクルスポーツの口座開設はこちらから<<


ブンデスリーガ第7節「ハノーファーvsシュツットガルト」

 

ブンデスリーガ第7節「ハノーファーvsシュツットガルト」が10月6日にハノーファーのホームスタジアムであるHDIアレーナにて開催となります。

 

現在18位最下位のハノーファーと16位シュツットガルトとの下位対決で、ハノーファー所属の浅野拓磨選手にとって過去2シーズン在籍した古巣との対戦となります。

 

ハノーファーの浅野選手、原口選手共に直近の試合では出番なしに終わっていますが、今季リーグ戦18チーム中唯一の未勝利となっているチームの救世主となる活躍を期待します。

 

ではブンデスリーガ第7節「ハノーファーvsシュツットガルト」の勝敗オッズをブックメーカーから見ていきましょう。

 

ブックメーカーnetbet

ハノーファー勝利 2.40倍、引き分け 3.35倍、シュツットガルト勝利 2.95倍、

 

ブックメーカーw88

ハノーファー勝利 2.40倍、引き分け 3.35倍、シュツットガルト勝利 2.95倍、

 

ブックメーカーピナクルスポーツ

ハノーファー勝利 2.440倍、引き分け 3.470倍、シュツットガルト勝利 3.070倍、

 

現在のオッズを見るとホームのハノーファーが優勢となっていますが、シュツットガルトとの差は僅かとなっています。

 

前節ホームに3位ブレーメンを迎えた一戦でリーグ戦初勝利を飾ったシュツットガルトなので、現在のチーム状態とすればハノーファーよりも上だと感じます。

 

しかし前節ブレーメンに勝利した要因には、もちろんホームアドバンテージもシュツットガルトに優位に働きましたけど、前半途中で相手選手が1人少なくなったことが大きいと感じます。

 

もしブレーメンに退場者が出ていなければ結果はどうなったかは分かりませんでした。

 

ただ好調ブレーメンを相手にしっかり勝ち切ったことは評価しても良いですし、この勝利をきっかけにチーム状態が上がってくることも期待できます。

 

一方のハノーファーは前節フランクフルトとのアウェイ戦で1−4と大敗を喫していますから、今回ホームアドバンテージを加味してもシュツットガルトに勝つまでに至るとは思えません。

 

よって今回はアウェイのシュツットガルト勝利を予想と致します。